放課後等デイサービスとは

child_star
小・中学生と高校生の障がいがある児童を対象として、
放課後や夏休みなどの長期休業日に生活能力向上や周囲との交流促進等のための練習をする、療育機能・居場所機能を備えた学童保育です。 

1か月の利用日数は施設と保護者が相談した上で自治体が決定します。
利用に際して療育手帳等は必須ではなく、「受給者証」を取得することで利用できます。
月額の利用料は原則として1割が自己負担で、残りのうち国が2分の1負担、都道府県と基礎自治体が各4分の1を負担しています。法改正によって未就学児童は児童発達支援事業、学齢期児童は放課後等デイサービスに分かれ、障がいの種類にかかわりなく利用できるようになりました。
社会福祉法人やNPO法人でなくても民間事業者の参入もできるようになりました。